生理中のお肌は敏感!原因と対策

一般的にはホルモンバランスの調整がうまくいかないから
との理由が見られます。ここをもっと深掘りしていきます♪

皆さんこんにちは😊 自分で使うから何回通っても3,980円💖

芸能人・美容家に大人気の〝電気バリブラシ〟RfボーテフォトプラスEXなどなど
高級美顔器がいろいろ使えるサロン✨

セルフ美顔エステ ダイアナです💎💎💎

(生駒駅から徒歩5分スーパーマンダイさんの前のビル)

女性の肌が月経がおきる1ヶ月間、どのように変化するのかご存知ですか?

今日はそのお話をします😃✨

月経前

肌荒れを始め、もっともトラブルの多い時期😫
肌はニキビや吹き出物ができやすくなり、ほてりを感じるなど敏感な状態になる人が多くなります。心身ともに不安定になりやすい時期です。

月経中

肌は少しずつ調子が上がってくる時期です😃💕
しかし貧血気味になりやすく、月経痛を伴う人も体調も不安定な状態が続く人が多く見られます。

排卵前

女性にとって、肌状態・体調ともに最も調子が良いのはこの期間🍀
肌はニキビができにくく、肌荒れもしにくい時期なので、新しい化粧品やスキンケア製品を試すならこの時期に行うと良いでしょう✨
エステもこの時期からスタートするといいですね😊

排卵後

むくみやすい、便秘になりやすいなど、体調は下り坂。
肌状態も同様で、肌荒れが気になってくる時期です🤔

1ヶ月間でこれほどまでに変化する、女性の肌。

女性の肌を左右する原因となっているのが
「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」という女性ホルモンです。
とくに黄体ホルモンは排卵後、黄体が形成されてから次の月経の直前まで分泌されるホルモンで、皮脂の分泌を活発にすると言われているので
皮脂の分泌が多いということは、毛穴が詰まってニキビや吹き出物の原因になりやすく、肌荒れしやすくなるということですね😳

生理中の肌あれを防ぐためのスキンケアポイント

敏感な生理中の肌を守り、乾燥を防ぐためにも洗顔は朝晩の1日2回が目安になります❣️
洗顔料をしっかりと泡立ててきめ細かい泡を作り、肌を包み込むようなイメージで洗顔しましょう😊
ピーリングなど、物理的に肌に負担をかけるスペシャルケアも生理中は避けてたっぷりと質のいい睡眠をとったりして体の内側からも肌あれ対策にアプローチしていくことが大切です✨

外側と内側からのダブルケアで、すこやかな肌をキープしましょう✨

家でもない、職場でもない
もうひとつのわたしの美容部屋。

店内にある人気美顔器、電気バリブラシ。ピリピリする感覚が爽快。