コラム

ホーム コラム 美容習慣 ストレスが与えるお肌への影響

ストレスが与えるお肌への影響

「きちんとしたお手入れはしているのに、

何故かお肌の調子が悪い…👩」

お肌はストレスによる影響の現れやすい場所。

お手入れを行なっていてお肌の調子が悪い場合、もしかしたらそれはストレスが原因のものである可能性も!

今回は、ストレスが与えるお肌への影響についてご紹介。

「最近ストレスが溜まっているかも…」

心当たりのある方は、ぜひご覧くださいね。

ストレスがお肌に与える影響

一概にストレスといっても、

ストレスが引き起こす乱れはたくさんあります。

1番の直接的な原因はターンオーバーの乱れ。

肌の新陳代謝が悪くなることで、さまざまなトラブルを引き起こし、回復力も弱まってしまいます。

血行不良

ターンオーバーの乱れによる乾燥、シミやシワ、たるみ、ニキビを引き起こす

消化不良によるホルモンバランスの乱れ

腸はホルモンの代謝に影響を与え、にきびを引き起こす

自律神経の乱れ

自律神経が乱れると血行不良を引き起こし、

ターンオーバーの乱れによる乾燥、シミやシワ、たるみ、ニキビも引き起こす

免疫力の低下

肌のバリア機能が弱まることにより、紫外線や大気汚染、ほこりや雑菌などの影響を受けやすくなって炎症やにきびを引き起こす

ストレスの種類

ストレスには種類があり、

外からの刺激による外的ストレスと内的ストレスの2つに分かれます。

お肌は外からも内からも影響を受けており、

自分で対処可能な部分はできるだけ気をつけてあげることが大切です。

外的ストレス

紫外線や花粉、エアコン、大気汚染、タバコやマスク着脱の刺激など

内的ストレス

疲労、生活リズムの乱れ、睡眠不足、食生活の乱れ、悩み、人間関係など

ストレスの種類

そうは言っても、ストレスのない生活なんて難しいですよね。

そこで、うまくストレスと付き合っていくことがお肌にとってとても重要なことになります。

自分で対処可能な部分はできるだけ気をつけてあげることが大切です。

外的ストレス

紫外線や花粉、エアコン、大気汚染、タバコやマスク着脱の刺激など

内的ストレス

疲労、生活リズムの乱れ、睡眠不足、食生活の乱れ、悩み、人間関係など

ストレスとの付き合い方

そうは言っても、ストレスのない生活なんて難しいですよね。

そこで、うまくストレスと付き合っていくことがお肌にとってとても重要なことになります。

リラックスする時間を作る

1日まとまった時間を取れなくても、

「この時間だけは義務を忘れてゆっくりする!」などと何もしない時間を作ることもおすすめです。

休むのが下手という方は、「休む時間」を決めることから始めてみましょう。

リフレッシュする、新しい刺激の時間を作る

忙しくて旅行の時間も取れない…という方は、

映画やアニメなど、短時間で非日常の体験ができる予定を入れるのがおすすめ。

または、近所の公園や神社、カフェなどの落ち着く空間に出かけることもリフレッシュにつながります。

食事や生活リズムを整える

これが一番難しい!という方が多いかもしれませんが、

手を抜けるところは抜き、最低でも何時間は睡眠時間を確保する…などして日常とうまく付き合っていくことができればベスト。

できるところから始めていくことが大事です。


それでも現れてしまうお肌への影響にはスペシャルケアで対応!

ダイアナでは、高級美顔器が月額3980円で使い放題・通い放題です♡

アイスレディ、LEDエクスィディアル、RFボーテフォトプラス…

などなど、ターンオーバーを整える美顔器多数取り揃えています。

日々のケア+ダイアナでのスペシャルケアで、美肌を目指してみませんか?✨

無料体験も受付中!お気軽にご予約くださいませ。